お知らせ

とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター・オープン記念・VOJメンバーひと役も勝手違う“シッティング”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★ とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター「わかくさアリーナ」開設記念イベント

・日 時 2016年8月6日(土)

・場 所 とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草)

・参加者 丸山孝事務局長、田村悦智子理事(いずれも1976年モントリオール五輪)、大竹秀之理事(1996年バルセロナ五輪)、吉田昌子正会員(1976年モントリオール五輪)、櫻井由香正会員(2008年北京五輪)

・内 容

①シッティングバレーボール・エキシビションゲーム

シッティングバレーボール日本代表vsVOJメンバーの3セットマッチ。

パラリンピックのシッティングバレーボール日本代表選手を相手に、VOJ5名と地元のシッティング日本代表選手1名でチームを作り、3セットマッチを行いました。

VOJチームは全く歯が立たず、日本代表チームのスタッフの助けを借りて、何とか1セットを取ることができました。

②スポーツ体験交流

地元の子供たちとVOJメンバーが一緒になって、日本代表からシッティングバレーボールのコーチを受ける。

臀部をコートにつけた状態で縦や横への動き方、スパイクの打ち方などシッティングバレーボールの基本から教えてもらいました。いつもとは違う体の使い方を学び、

VOJメンバーも子供たちも楽しくプレーしました。

たくさんのことを学んだ1日、感謝

「シッティングバレーボールには以前から興味がありましたが、プレーする機会がありませんでした。今回初めて体験することができ、とても楽しくプレーできました。思った以上に、次の人にどのようなボールをパスするかが重要で、相手のことを考えてプレーすることの大切さを、改めて学ぶことができました。『無くなったものを嘆くのではなく、有るものをどれだけ活かすことができるか』たくさんのことを学ぶことができた1日でした。このような機会をいただいたことに、心から感謝しています」(櫻井正会員)

8%e6%9c%886%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f1 8%e6%9c%886%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92 8%e6%9c%886%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93 8%e6%9c%886%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f4

関連記事