9多治見麻子

理事 多治見 麻子ASAKO TAJIMI

小学校6年生からバレーを始め、八王子実践高校時代は春高バレー優勝等を経験した。1991年日立に入社。
1990年全日本代表初選出。1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと五輪に2度出場。1997年より葛和伸元監督率いる全日本のキャプテンに抜擢され、1998年世界選手権で主将を務めた。1999年1月に左ひざの手術を受けた影響で同年のワールドカップには出場したが満足なプレーが出来なかった。2000年シドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも99、00年シーズンと本来の活躍ができなかった。
2001年、日立ベルフィーユ廃部に伴い、パイオニアへ移籍。2003-04年第10回Vリーグで吉原知子、佐々木みき、斎藤真由美、内田役子らとチーム創部25年目、Vリーグ昇格4年目にしてリーグ初優勝に導く。2005-06年に、二度目のVリーグ制覇。
2007年4月、Vリーグ出場試合が佐々木、内田と共に女子選手歴代4位の232試合(当時)となり、リーグ40回大会を記念し創設された『Vリーグ特別表彰制度』で長期活躍選手として特別表彰された。
2007年4月、8年ぶりに全日本代表復帰。アジア選手権では24年ぶりの優勝を果たす。同年開催のワールドカップ韓国戦に途中出場し、ブラジル戦ではスタメン出場した。
2008年8月、アトランタオリンピック以来、12年ぶり三度目のオリンピック、北京オリンピック出場を果たした。
2009年7月より、パイオニアのコーチを兼任。2010/11シーズンは、チーム事情により監督として登録された。
2011年6月6日、パイオニアからの退団が発表され、同年10月に日立リヴァーレに移籍。2011/12Vチャレンジリーグのチーム優勝に貢献し、2012年5月に退社[1]と同時に21年間続けてきた現役を引退した。