ph_olympian_03

副理事長 江上 由美YUMI EGAMI

丸山 由美(まるやま ゆみ、旧姓・江上(えがみ)、1957年11月30日 – )は、日本のバレーボール指導者、元選手。東京都[1]出身。

1977年のワールドカップにて初めてバレーボール日本女子代表に選出される。1980年の幻のモスクワオリンピック代表メンバーの一人でもある。1982年から全日本主将となり、世界的なセンタープレイヤーとして活躍した。同じセンタープレーヤーでも三屋が高さを武器としていたのに対して、江上は上手さを武器にしていた。特にタッチなどの軟攻には比類なき上手さを見せつけた。また、身長175cmとセンタープレーヤーとしては決して大きくなかったが、ブロックが上手く、タイミングの良いブロックで何度もチームの窮地を救っている