FullSizeRender (3)

理事 飯田 高子TAKAKO IIDA

飯田 高子(いいだ たかこ、現姓:神白(かじろ)、1946年2月3日 – )は、日本の元女子バレーボール選手。

愛知県海部郡弥富町(現:弥富市)出身。中学3年次よりバレーボールを始める。名古屋女子商業高校を経て、実業団の帝人名古屋に入部したが、1965年に同チームが廃部となる。
体育教師を目指して、中京大学に入学する。在学中にユニバーシアード代表メンバーに選出される。1970年にヤシカに入社し、同社の女子バレーボール部でセンターとして日本リーグで活躍。バレーボール全日本女子チームにも選ばれ、1972年のミュンヘン五輪ではヤシカのチームメイトである浜恵子とともに銀メダル、1976年のモントリオール五輪では主将としてチームをまとめ金メダルを獲得した。帰国後現役を引退。
2006年、NPO法人バレーボール・モントリオール会を設立し、代表理事に就任。現在は同法人理事、草加市バレーボール連盟副会長。